人は勘定より感情で決める 読書会 第1回

モチベーションを学ぶ12の理論を読み終えたので新しい本で再スタート。今回は1〜3章をやった。ふむふむ、そういうこともあるなーと理解できる内容だった。メンタルアカウンティングの概念が結構印象に残ったので、関連書籍を読んでみようかなあと思う。行動経済学や心理学をうまく使えばよりツボを突いたサービスを作れそう。

Release It! 本番用ソフトウェア製品の設計とデプロイのためにを読んだ

存在は知っていたけど読んだことがなかったので読んだ。日本語版が2009年、原著が2007年とちょっと古いのだけど、本質的な所は変わらないのでは?と考えたのがきっかけ。

p12 優先すべきはサービスの回復。原因調査はその次。

当たり前なのだけど、僕はついつい原因が何だろうと追いかけてしまいがちだ。改めて、サービスはユーザが利用できてこそだなあと強く認識。

p16 大きな事件の後では関係者の心証の管理が障害そのものの管理と同じくらい重要

情報を公開する姿勢や実際にすることが大事、という感じ。

p24 一過性のインパルス(衝撃)や持続的なストレス(圧力)、あるいは通常の処理が阻害される構成要素の障害があってもトランザクションを処理し続けるのが弾性(回復力)のあるシステムだ

この本が書かれた時代と2017年では状況がかなり違うだろうし、ソフトウェアの質によってもとるアプローチは異なるだろうけど考え方としては全く同じだなあ。

p107 fiddingを助長しないこと。システムは介入なしでいつまでも動き続けるべきである

状況が変化する以上全く介入しないというのは無理だけど、極力手でシステムを触ることを減らすべき、という観点では同意。

※ finding = もてあそぶこと。いじくりまわすこと。

p249 リカバリ指向コンピューティング

被害を一部に抑えること、障害の自動検出、コンポーネントレベルでの再起動など、今当然のようにやっていたり、やりたいねという概念だった。

p289 O-O-D-A

「Observe(観測)、Orient(判断)、Decide(決心)、Act(行動)」とのこと。フィードバック・ループを含んでいるところが結構自分の関心領域に近いなあと感じた。関連文献読んでみたいところ。

p316 リリースがソフトウェアの生涯の真の始まりであり、それ以前は全て妊娠期間だ。システムは時とともに成長し、変化する環境に適応していくか、あるいはコストが収益を上回るまで墜落して死に至る。

よいなあと思った。もちろん、無事誕生日を迎えるまでも滅茶苦茶大変なわけだけど、生まれてから面倒を見るのだって同じくらい大変なわけだ。どちらが偉いとかじゃなくて、役割の違いということかな。

Release It! 本番用ソフトウェア製品の設計とデプロイのために
Michael T. Nygard
オーム社
売り上げランキング: 214,686

モティベーションをまなぶ12の理論読書会 最終回(読書会自体は続く)

どうも、初回以外の記録をここに残していなかったらしい…ということで、最終回(第4回)だった。10章〜12章で、自己制御学習、学習性無力感、パーソナル・セオリー。自己制御学習やパーソナルセオリーは最近関心があったので他の人の意見や話を聞けてよかった。とはいえ、大事なのは実践することなので、今後活かしていきたいですね。

次回は次に読む本を決めるため、各自が本を持ち寄ることになった。興味がある人なら誰でも歓迎です。

この本自体おもしろいので、社内とかでジグソー法を使って別途読書会してみたいという気もする。

「テクノロジーは貧困を救わない」を読んだ

テクノロジーは貧困を救わない
外山健太郎
みすず書房
売り上げランキング: 109,779

 

1月に「テクニウム――テクノロジーはどこへ向かうのか?」や「〈インターネット〉の次に来るもの 未来を決める12の法則」と一緒に買った1冊。ようやく読み終えた。テクノロジーは銀の弾丸ではなく、それに携わる人の心や知性、意思と合わさることで進歩を生み出すのだという内容だった。定期的に話題になる、メールやSlackは本当に生産性に繋がっているのか?というテーマへの1つの回答はこれかなあ。結局は使い方、心構えとなり、技術の敗北なのではとどうしても感じてしまうけど。「DEEP WORK」で言っている、ツールの選び方も似た考え方か。自分にプラスの影響があるもの、つまり自分の人的能力を増幅させるものを選ぼうという話なので。

以下メモ。

Googleが「外部からの支援(世界の隅々にテクノロジーを届けたい)」を目的としているのに対して、CFKは「内面的な強さ(個々人の才能を伸ばす)」を目的としている

本当に新しいテクノロジーによって進歩するのだろうか?

増幅の法則:テクノロジーはそれ単体では何も変えられない。しかし、「既存の力」を増幅させることができる。

テクノロジーから得られるものは、利用者がしたいことの延長である。

本当の理由を忘れてはならない。適切なテクノロジーがあれば任意の行動や習慣を引き起こすことができるのか?No。

テクノロジーによって生み出される感情:

  • 取り残される恐怖:FOMO(Fear Of Missing Out)
  • 不要な刺激への中毒ATUS(Addiction To Useless Stimulation)
  • メッセージを受け取る快感:PORM(Oleasure Of Receiving Message)
  • 仕事最優先:SWAP(Seeing Work As Priority)
  • 重要人物らしく見られたい衝動:UTSI(Urge To Seem Important)

テクノロジーは既存の格差を広げる

社会問題に対処することを目的とした全てのテクノロジー、アイデア、政策などを「介入パッケージ」と呼ぶ。この介入パッケージの成功には、指導者・実施者・受益者の三位一体が重要。

「できる」イコール「する」ではない。電源を入れ、操作するのは人の手である。なぜ、場当たり的な処置に夢中になってしまうのか?

より大きな幸福につながるのでなければ、富にも社会的変化にも意味はない。繁栄は幸福のための物質的必要条件を満たし、正義は幸福の倫理的条件を追求し、自由は「価値を見いだすべき理由のある人生」を生きさせる。

幸福を損なうのは「短期的な快楽」で、これは長期的な不満につながる。ヘドニア、感情的な幸福は短期的にはよいかもしれないが、長期的に考えるとエウダイモア(自己実現・生きがいによる幸福)がよいのかもしれない。

テクノロジーの十戒。テクノロジーがとてもよい形で人類の文明を変化させてきたため、一般的になりつつある考え方。

  1. 意義より測定
  2. 質より量
  3. 根本原因より究極目標
  4. 経路依存より目標主義
    • 歴史/概念は無視し、目標のみを目指せ
  5. 内的より外的
    • 他人が変わることを期待せず、外的環境のみに注力せよ
  6. 実証済みよりイノベーション
  7. 英知より知性
  8. 価値没頭より価値中立
  9. 集団主義より個人主義
  10. 責任より自由

テクノロジー利用における3習慣

  1. 目標にあった人的能力の特定・構築
  2. 介入パッケージは適切な人的能力の増幅に活用
  3. 介入パッケージの無節操な復旧は避ける

介入パッケージが増幅するのは「心・知性・意思」である。どのプラスの能力を増幅させ、どのマイナスの能力を増幅させないか。介入パッケージだけではなく、訓練も不可欠。

「心・知性・意思」から内面的成長が生まれ、いずれ転換点へ到達する。

内面的成長によって意図の輪を広げる。

価値観のマトリクス。伝統的価値観と世俗的合理的価値観。生存価値観と自己表現価値観。

コミュニティが実際に必要としているものに努力を向けよう。

アリストテレス「人は正しい行為をおこなうことで正しい人間となり、節度ある行為をおこなうことで節度ある人間となり、勇敢な行為をおこなうことで勇敢な人間となる」

迷ったら「スティール・ボール・ラン」を読め。これはひたむきに前に進む物語だ

3年後、5年後、10年後の自分へ。迷ってますか?もしそうなら、今すぐ「スティール・ボール・ラン」を読め。Kindleが終了して読めない?今すぐ書店に走って全巻買ってくるんだ。

先日、ジョジョの奇妙な冒険 第4部のアニメが完結した。ジョジョ熱が復活して、ちょうど冬期休暇に入るタイミングだったので、中途半端に読んだままになっていた第7部の「スティール・ボール・ラン」を読んだのだけど、これが大変素晴らしい作品だった。賛否両論ある思うけれど、個人的にはシリーズ内でもかなり上位に入っている。

何がよかったのかというと、タイトルにも書いたように、この作品は「前に進む物語」であるということだ。ストーリーの主軸の1つがレースであり、疾走感があるということもあるし、登場人物それぞれが過去を背負い、未来に向かってレースでぶつかり合うところもおもしろい。その中で、いいなあと思う台詞やドラマがあったので、それらについて書いていく。

「開拓者」であれ

失敗というのは……いいかよく聞けッ! 真の失敗とはッ!開拓の心を忘れ! 困難に挑戦する事に、無縁のところにいる者たちのことをいうのだッ!このレースに失敗なんか存在しないッ!存在するのは、冒険者だけだッ!(第1巻、スティーブン・スティール)

北アメリカ大陸横断レース「スティール・ボール・ラン」の主催者、スティーブン・スティールの台詞だ。「チームが機能するとはどういうことか」によると、優れたチーミングは学習しながら実行することで、そして、それはひたすらイノベーションを続けながら未来へ突き進むことだという。何が起こるかわからないが、勇気を持ってその先に進み、困難に挑戦し、勝利を目指す。まさに自分がやりたいエンジニアリングそのものだ。

「納得」はあるか

オレは「納得」したいだけだ!「納得」は全てに優先するぜッ!!でないとオレは「前」へ進めねぇッ!「どこへ」も!「未来」への道も!探す事は出来ねえッ!!(第8巻、ジャイロ・ツェペリ)

仕事をする上で「納得すること」は自分の中で大切な要素の1つだ。経験上、目的やゴール、意義などを理解して納得できていない時、後から振り返ってみると中途半端な仕事になってしまうことがある。それを防ぐためには周囲とのコミュニケーションを通してゴール、意義などを共有することが大事だ。時にはやらないという選択も必要になるだろう。2017年、シニアエンジニアとして自分だけではなくみんなが納得できる仕事をしていきたい。

「敬意」を払え

LESSON4だッ!「敬意を払え」ッ!(第11巻、ジャイロ・ツェペリ)

まず、主人公であるジャイロ・ツェペリとジョニィ・ジョースターの関係が素晴らしい。なりゆき上ではあるが、師弟関係から始まり、よきコンビになり、そして最後に弟子が師匠を乗り越える。ジャイロは「回転の技術」をジョニィに伝えるのだけど、「遠回りこそが最短の近道」、「敬意を払い、自然をよく観察すること」というように直接教えるのではなく、本人が気づきを得るを重視しているように見える。

ありがとう、ジャイロ。本当に………本当に……「ありがとう」…。それしか言う言葉が見つからない…。(第22巻、ジョニィ・ジョースター)

「気づきを得る」なんて人によってはあまり好きじゃない言葉かもしれないけど、僕はものごとを学ぶ上でとても大事な要素だと思っている。これは自分の中では「しっくりくる」「ピンとくる」というような概念で、自らが気づいて納得したからこそジョニィは真に知識や技術を身につけ、クライマックスでジャイロの死を乗り越えて勝利できたのではないか。そして、だからこそジョニィは「ありがとう」というシンプルな言葉しか出てこなかった。真の敬意、感謝というのは簡単に言葉にすることができないのではないか。

自分が教える立場ならジャイロのように教わる側が「気づきを得られるよう」な道を行きたいし、自分が教わる側なら敬意と感謝をもって望みたい。

「光」を探せ。「光」の中へ!

You can go anywhere you like.

これはスティール・ボール・ランや他の「ジョジョの奇妙な冒険」に出てくる台詞ではない。いつ手に入れたのかよく覚えていないのだけど、僕が持っているドッグタグに刻まれた言葉だ。

ドッグタグに刻まれた言葉

あるときこのドッグタグを見て、ああ、自分は行きたいところに行ってもいいんだ、と気づいたように思う。当然ながら、会社という組織に所属している以上、なんでも好きなことだけやっているわけにはいかない。そこには利益や会社の目標、責任といった制約が生じる。

しかし、それこそがスティール・ボール・ランだ。ゴールやルールは定められているが、そこに至るまでの道は選ぶことができる。もちろん、レースに参加しないという道もある。そのゴールが自分の行きたい場所であれば「厳しい道」だが「気持ちのいい道」を進むことができるし、そういう道を探して走っていきたい。

そう、その先には「光」があるはずだ。「光」の中へ!