2016-01-31

1月が終わってしまった。今週はワールドトリガー、灰と幻想のグリムガル、この素晴らしい世界に祝福を!等コミック・ライトノベルを中心に読んだ。1月はいろいろ買いすぎたので、2月は出費を抑えたい。積んである本もあるし。

洗濯機は2月中旬以降になるらしい。はやく来てくれ。

2016-01-24

トラブル続きの1週間だった。作業に対する背景、ゴール、期限の認識をうまく共有できていないなと感じる事が多かった気がする。どうやったら溝を埋められるのか考えていかないといけない。

赤髪の白雪姫の2クール目が始まった。相変らずのおもしろさ。原作は1巻しか読んでないけど続きを読んでもいいなぁ。主人公が精神的に強くて、見ていて安心できる。灰と幻想のグリムガルは描画が細かくていい。こういうのは好みだ。この素晴らしい世界に祝福を!は異世界ギャグ物?原作を読んでいないけどどうなるかな。後はアクティヴレイド。今風のパトレイバー?

2015-01-20

ソニーがポータブルな超単焦点プロジェクタをプレスリリースした。めっちゃかっこいい。銀座のソニーショールームに今日から展示されるということなので、帰りに寄って見てきた。小さいし軽いし取り回しがしやすい。本体は電源コネクタと電源ボタンしかないというのもいいね。しばらくレビューをウォッチしようと思う。

マイクロソフトがアジャイル、スクラム、DevOpsにいたるまでの道程についての発表の記事を見る。実現するには多くのメンバーの情熱とエネルギーが必要だったのだろう。自分はそのような情熱やエネルギーを持っているだろうか?

上の話とは関係ないが、最近いろいろ思うことがあって自分自身の価値観等について言語化しようと試みている。時間を作っては整理しているが、なかなかエネルギーが必要だと感じる。そもそも自分自身に向き合い続けるというのは疲れる事だし、慣れていないというのもあると思う。手始めに、やりやすいものとして、物を所有するときの価値観について言語化中。

スマートフォン上のタスク管理アプリのUIについて思った事。タスクのスケジュール(実施日や期限等)を設定する時、よくあるドラムロール?で日付を選択するのはやりにくい。カレンダーから選択できる事が結構大事だなと感じた。もしくは、Fantastical2のようにタイトルを解析して日付に反映するか。それも入力が面倒なんだけど。

ようやく洗濯機を買い変えることにした。ドラム式。1〜2年前から欲しいとは思っていたけど、なかなか決断しなかった。洗濯完了を待ってから干す時間がおっくうだし、買い変えることで確実に自分の時間を増やすことができるだろうということで決断。

本を読む時のメモ取りに、iPhoneの音声入力が割と使えるのではないかと思い、ここ数日試している。手で書く、PCで入力するとかよりはいい感じである。ただ、誤入力時の修正が手間。

 

冬らしい冬

冷え込みが激しくて、冬って感じがする。自宅ではエアコンをずっとつけてるけど、電気代いくらになることやら。部屋の断熱性能が低い気がする。

去年買った、「ラオスにいったい何があるというんですか?」をようやく読み終えた。なんとなく、一気に読むんじゃなくて、ちょっと空き時間ができた時だけ読んでいたので、思ったより時間がかかった。海外に1ヶ月以上住んで仕事をする、というのは自分には向いてなさそうだなと思った。もちろんやったことはないので想像だけど。

SunriseからFantastical2にカレンダーアプリを変えたのだけど、リマインダーとのインテグレーションがどうもいまいちなので、Todo管理をリマインダーから変えようと画策中。今の所Omnifocusを試していて、かなりよい感じなのでこれにしようかと思っている。繰り返しのタスクの定義等がやりやすいのと、リマインダー程ではないけどカレンダーに表示もできる。iPhoneアプリで空き時間にタスクの整理なんかもやりやすそうな感じ。問題は、完全にOSXとiPhoneに縛られてしまう所か。まぁ後数年は問題ないでしょう。

 

ラオスにいったい何があるというんですか? 紀行文集
村上 春樹
文藝春秋
売り上げランキング: 972

ファストファッション

2016年の第1週が終わった。水曜に休みを入れていたので、あまり仕事した感じはない。

土曜に年始の買ったタムロンのA09を持って出かけてみたが、どうもしっくりこない。ここ数年、単焦点しか使っていなかったから、ズームに身体が慣れていないのかもしれない。そういえば、スマートフォンのカメラも単焦点だ。サイズの制約があるとはいえ、ズームから回帰しているようでおもしろい。

Eye-Fiのカードを買って、GRにつけてみた。GR IIであれば本体にWifi機能がついているので不要なのだが、1世代前の機種なので仕方ない。早速試してみたが、GRで撮った写真がiPhone上で見られるのは不思議な感じがする。今年はGR+iPhone、もしくはiPadを追加してそれだけで現像フローを組んでみてもおもしろいかもしれない。軽いシステムを組みたいがミラーレスにはどうも手が伸びないので、その代替として遊ぶにはよさそうだ。

今週は3冊。「中世ヨーロッパの農村の生活」という本は13世紀のイギリスのとある農村がどのような営みをしていたのかを記録等から描いていて、リアルさがおもしろい。『論理が伝わる「議論の技術」』は議論についての基本的な認識を改めようと思って読んだ。Kindleで読んだけど、マーカーをひけなくてちょっと不便。「ファストファッション: クローゼットの中の憂鬱」。ここ1年程、身につけるものをいろいろアップデートしていて、それに伴って衣料について知りたくなってきたので、自分が最も身近なムーブメントであるファストファッションについて知ろうと思ったので読んでみた。現実的な話として、高い服をいくらでも買えるわけではないので、うまく使いわけるしかないのかなぁと。靴や上着はちょっといいものを長く使うというのは分かるけど、下着のような消耗品はユニクロとかでもいいのではないか、という。いいものはすごく着心地がいいのかもしれないし、一度は試してみたいけど。

 

中世ヨーロッパの農村の生活 (講談社学術文庫)
F. ギース J. ギース
講談社
売り上げランキング: 13,792
ファストファッション: クローゼットの中の憂鬱
エリザベス・L. クライン
春秋社
売り上げランキング: 16,562