パーソナルトレーニング3回目

肩周りを中心にやった。ベンチプレスの今の最大値は42.5kgだった。まずは体重と同じ重さを目指したい。

やる前に軽くエネルギー源を摂取しておいた方がいいらしいので、次からは軽く食べておくことにする。

前回同様、帰りにいきなりステーキに寄った。ちょっと帰りの肉に飽きてきたな…プロテインでもいい気がする。

COCのハンドグリッパー

買ってみた。買ったのはその筋では有名らしいCOCというところのハンドグリッパー。握力測定とか高校とかでやったかやってないかというくらいで覚えていないのでひとまずスポーツ(36kg)を買ったのだけど、結構閉じられることがわかったのでポイントファイブ(54kg)を追加で購入した。

iavg5trhqseshlmey0puw_thumb_92a

無骨すぎる。使い始めてすぐは手が痛くなった。今でも痛いけど…

スマホいじってるときとかに空いてる手で触っている。目指せNo.1攻略、というわけでNo.1をクローズできたら自慢したい。

コンパクトな財布、m+のstraccioを買った

アスメデルの長財布を使っているのだけど、バックパックで移動する際に使い勝手が悪い。ということでコンパクトな財布をここしばらく探していて、良さそうな物を見つけたので買った。

買ったのはm+(エムピウ)の「straccio」。財布としては三つ折りタイプ。革は2種類あったけど、ゴートにした。革を数枚組み合わせただけの作りでとてもシンプルなのがよい。

カードを4枚、お札を5〜6枚、コインを10枚位入れたところ。厚みは結構あるかな。とはいえ今までとあまり変わらないので全体的にコンパクトになった。

unadjustednonraw_thumb_918

長財布と比較したところ。お札やレシートが折れてしまうけど、気になるかどうかはしばらく使ってみないとわからないかな。

unadjustednonraw_thumb_919

エンジニアの語源

エンジニアってのはエンジンを扱う人のことだからソフトを扱う人はエンジニアじゃない云々という話しを時々聞く/見ることがあって、確かにそんな気もするけど実際は何が語源なんだろうと思って軽く調べてみた。本当に軽くなのでインターネットでしか調べていないし、ページに書いてあることの裏付けもとっていないことに注意してほしい。

まずはエンジンの語源を調べてみた。Googleで検索した結果とWikipediaから。

ラテン語の「ingenium」が語源っぽい。

次にエンジニアの語源。エンジンと同様、GoogleとWikipediaのみ。

ばらつきはあるが、英語の「engine」ではなく、ラテン語起源という説が大半を占めた。

これらのことから、エンジンとエンジニアは語源としては同じ、もしくは似たようなラテン語から来ている、ということのようだ。エンジニアの語源がエンジン、というのは正確な表現ではなさそうである。