2020年金沢旅行

2泊3日で金沢に行ってきた。GoToトラベルを使用。

1日目

金沢は2年前に一度行ったことがあるが、金沢駅前の門は何度見ても迫力あると思う

近江町市場で食べ歩き。前回はスキップしたのだけど、賑わっていて良い。

市場の後は金沢城と兼六園。午後に詰め込んだので全部見て回ることはできなかった。1日かけて金沢城と兼六園を見られる。

宿は犀川のほとりにある由屋るる犀々にしてみた。部屋が分かれていてびっくりした…

1日目の夕食は宿でいただいた。日本酒の種類も多く、満足…

2日目

宿で朝食を食べると食べ過ぎる法則。この写真を撮った後、追加が2品来た。

2日目は茶屋町巡り。せっかくなので和服でうろうろ。といってもかなりカジュアルに寄せて、スニーカーも履いたけど。寒村庵でお茶。

お土産に日本酒を買うため、味見味見。

オリエンタルブリューイングで飲み比べセットとピザ。美味い。

和菓子作り体験に参加した。めちゃ難しい。

2日目の夕食はキサラギへ。前回もここで食べたけど、やはり美味い。11月になるとブリシャブが食べられるので次回は11月以降に行きたい。

3日目

3日目は天気が良かった!

そしてこの朝食の量である。完食しました。

21世紀美術館へ。平日なのに人が多くて、プールの底は1時間待ちだったので断念。「村上慧 移住を生活する」がとても良かった。

美術館内のカフェでランチ。

石川県立歴史博物館といしかわ生活工芸ミュージアムを見た後、ル ミュゼ ドゥ アッシュ KANAZAWAへ。

2回目の金沢だけど楽しめたなあ。金沢市内だけでもまだまだ見てないものがたくさんあるので、また行きたい。

ふりかえり

Keep

  • バス1日券とタクシーをガンガン使って効率よく移動できた
  • GoToトラベルとポイントをうまく使えた
  • GoProHero9で撮った動画は見やすくてよい

Problem

  • 充電器とケーブルが少なくて印刷が大変だった
  • GoProHero9、予備バッテリーが必須

Try

  • 充電周りはケチらずに準備する
  • GoProHero9の予備バッテリーを買う

WEB+DB PRESS Vol.118の特集記事を一部書きました

https://gihyo.jp/magazine/wdpress/archive/2020/vol118

すでに発売から1ヶ月ほど経過していますが、8月24日に発売されたWEB+DB PRESS Vol.118の特集に寄稿しました。特集の内容としてはリモートワークをいかに実践するか?という話で、僕は仕事環境についての章を書きました。

リモートワークに取り組みたいけどどうすればいいのだろうか?とお困りの方は読んでみてください。

Thunderbolt3に繋ぐドッキングステーション、CalDigit TS3 Plusを導入した

メインマシンとしてMacBook Pro 16を使っているのだが、Thunderbolt3のポートしかないので有線LANが繋げなかったりType-Aケーブルを繋ぐためにハブを複数繋いだりして不便だったのでエイヤとドッキングステーションを導入した。

導入したのはCalDigit TS3 Plus。背面にType-Aのポートが4つあり、キーボード・トラックボール・ウェブカメラ・マイクを繋ぐことができる。また、LANポートも備えているのでデスクで使うときは有線LANを使える。87Wの電源供給、Type-Cでモニタへ接続もできるのでデスク上がすっきりしたと思う。

ケーブルがまだゴチャゴチャしている

付属品は電源ケーブル・電源・TS3ケーブル。電源がかなり大きい。僕はデスクのしたのケーブルトレーに置いた。

横幅は本体より大きい。厚みはそんなにない。

裏面はポートがこれでもかと詰め込まれていて、見応えがある。今はType-Cケーブルでモニタと繋いでいるけど、DisplayPortが余るのでそっちで繋いでもいいかも。

裏面の様子。

UHS-IIのSDカードスロットもあるし、このドッキングステーションで当面は困らなさそう。レビューにも書かれていたが、本体が結構熱を持つのでそこは少し心配。

iMacを処分

先日自宅で使うマシンを更新したので、それ以前に使っていたiMacを処分した。

2014年に購入した27インチ late 2013モデルで、メモリを自分で32GBに変更して使っていた。結構快適だったけどストレージがSSD256GBにしてしまったのでちょくちょく容量が足りなくなってしまったりしていた。モノは良かったのだけど、箱がめちゃ大きくてかなりスペースを圧迫して困っていたので今後iMacを買うことはないかも。

メルカリなどで売れないかな〜と思ってしばらく出品していたけど売れなかったので買取サービスで買い取ってもらった。お世話になりました。

ペパボを退職

こんにちは、約4年在籍したペパボを退職します。本日が最終出勤日で、8月末が退職日です。

ペパボではminneのインフラを担当したあと、全社的なKubernetesの導入やCloudNativeなマインドの浸透などを進めました。やったことは大体外で話しているので、細かい話はそちらを見てください。

ペパボの好きなところはいろいろかありますが、一つは「ナイストライ!」です。失敗を責めるのではなく、チャレンジしたこと自体を称賛するという2017年に行われた新卒研修のコンセプトなのだけど、:nicetry: 絵文字が今でもめちゃくちゃ使われています。新卒研修以前からそういう文化はありましたが、こういう形で文化として定着するあたりがとても好きです。もう一つは企業理念の「もっとおもしろくできる」です。作っているサービスや仕事だけではなく、自分が今置かれた状況をおもしろがり、楽しむ文化があります。1月末から全社員が在宅勤務を始めました。いろいろ大変なこともあったけど、そのような中でもおもしろいことや楽しいことを探しながら試行錯誤できたのかなと思います。

働く環境として、ペパボはとても良い環境だと今でも思っています。待遇についても2019年にグッと上がりました。2020年の6月からは居住地を選ばすに働けるようにもなりました。新卒の技術研修も幅広く、フロントエンドから機械学習まで一通りこなせていて自分も受けたかった…と横から眺めていて感じます。アンコントローラブルな物事もあるにはありますが、とても良い場所です。

さて、良い環境だし文化も好きですが、この度新しい環境で挑戦することに決めました。もちろんペパボで新しい挑戦をすることもできます。しかし、コンフォートゾーンから抜けることは難しいのではないか?成長速度を上げることは難しいのではないか?と考えました。これまで経験したことのないものが数多くある環境で、自分への負荷を上げてできることを増やし、貢献したいと考えています。キリのいいところまでやったとはいえ、自分が始めたKubernetesの推進から離れることについて、心苦しい気持ちはあります。まだまだやりたいこと、できることもたくさんあります。しかし、自分以外にも進められる人が増えたこと、Kubernetesのハンズオンやアーキテクチャ講習を経てKubernetesを使えるエンジニアが増えたことから後を託すことができると判断しました。

そういうわけで、今日が最終出勤日です。有給がたまっていたので、明日から8月末まではお休みします。旅行に行きたかったけど、この情勢だとちょっと厳しそう。何かしらアプリとか作ってみようかな。比較的暇だと思うので、何かあればご連絡ください。

ペパボの方々、ペパボ在籍中に関わりのあった方々、お世話になりました。飲み会できるようになったらクラフトビール飲みにいきましょう。在籍中に福岡と鹿児島に行けたのはとてもよかった。また行きたいです。これからもやりとりすることはあると思いますので、今後もよろしくお願いします。