リモートワークファーストで1年暮らしてみた感想

今年の1月ごろから用事がなければ基本的に家で仕事をするようにしてみていたのだけど、気がついたらほぼ1年経っていた。ちょうどいい節目なので感想を述べていきたい。

リモートワークファーストと言っても会社の制度としてあるわけではなく、ちょっとやってみますーと上司と話してやってるという感じ。どこにいるかなどは都度連絡している。とはいえ基本的には自宅かオフィスにいるけど。今年は平均して週1〜2日オフィスに行って、それ以外はリモートでやったかなあ。

リモートかつ在宅だと、通勤時間なしかつ快適な環境で仕事ができるという点はとても良い。秋に引っ越して少し会社から遠くなったので通勤時間不要なのは便利。仕事用の環境も、自分に合うように全てコンロールできるので椅子の高さが少し足りないとか、モニタの高さあげたいとかやりやすい。部屋の温度・湿度も会社のオフィスに比べると自分に合う数値にできて、ストレスなく仕事ができる。

コミュニケーションはSlack、GithubEnterprise、Meetを使って行なっていた。テキストベースの同期コミュニケーションとしてSlack、テキストベースの日同期コミュニケーションとしてGHE、顔が見える音声コミュニケーションとしてMeetという使い分け。自分の仕事がチームでスクラムして…というものではないので、Slack・GHEで問題なくこなせた。よくやり取りする人の一部は東京オフィスにいなかったりするし、。ただ、テキストを使ったコミュニケーションが苦手な(と推測している)人とやりとりする場合は難しさも感じることはある。1on1など、対面でした方がいいと思っている予定が入っているときはオフィスに行っている。

リモート多くした結果、体力が落ちたかもしれない。歩いた歩数的には2018年と2019年はそんなに変わらないのだけど、ちょっと外出すると疲れやすくなった気がする。単に歳をとっただけなのかもしれないけど。ここは課題で、来年はジムでウェイトトレーニングやる以外にもウォーキングなど体力維持に取り組みたいと思っている。

概ねうまく行っているけど、上司やチームメンバー、同僚が理解してくれているからこそというのも感じる。感謝しかない…!

シニア・プリンシパルエンジニアに昇格できなかった

そういうわけで鮨は無しです。

AirPodsProを買った

発売日に同僚が買ったものを試させてもらったところ、気づいたら注文していた。オンライン注文、店舗受け取りで当日購入。

結論としては久々に当たりガジェットである。つけ心地が非常に気持ちいいし、ノイズキャンセリングも快適。iPhoneとのインテグレーションもよくできている。iPhoneユーザーなら基本的に買うといいんじゃないかな、という位には気に入っている。

なにがいいのかというといろいろあるけど、つけていて耳が痛くならないのがよい。インナーイヤータイプは色々試したけどどれも1時間ほど使うと痛くなっていた。AirPodsProはそれがない。ノイズキャンセリングは完全に音を消すというよりは作業に集注できる程度にカットしている印象。飛行機で使う場合はわからないが、普段使いでは十分かなあ。音質はそんなにこだわりがないので割愛。

外音取り込みモードもよくて、イヤホンを外さなくても人の話し声を聞き取れる。左右分離タイプは外した時に落とすリスクがあったけど、外音取り込みモードにより外す回数は減らせそう。

充電用の端子がLightningなのだけど、普段は非接触充電すればよいしケーブルはiPhoneと共用できるので現段階では問題ないかなあ。

新宿駅で乗り換えたり、池袋でウロウロしても全く途切れなかったのでもうこれでいいやと思っている。聴くのもストリーミングばかりだしね。

PowerColor Mini Proを購入した

普段はMacbook Proを27インチ4Kモニターに繋いで、クラムシェルモードで使っているのだけど、どうもGolandやIntellijの描画がモタついてイラっとすることが多かった。どうもGPU性能が足りてないらしく、eGPUを使えば解消する…という話らしく、@jacopenが購入してサクサクになっていたので数ヶ月遅れで買うことにした。

ひとまず設置して繋いだところだけど、常時ファンが回っているのでその音がするなあという感想。後ACアダプターでかい。有線LAN刺せたりUSBハブになるのでケーブリングも見直していこうかなっと。猫の毛がかなり吸われそうなので、定期的な掃除は必要だろうなあ。