沖縄に行ってきた

沖縄県の名護でHerdening2020BOというイベントが開催されるので行ってきた。イベントの内容については所属している会社のブログに書くので、ここでは綺麗な景色や行った場所について書いていく。

イベント会場が万国津梁館でリゾート地なので宿泊場所もそれっぽくなり、今回泊まった部屋は窓から海が見えるというロケーションだった。テラスでビール飲みながらダラダラしたかった…

会場の万国津梁館に向かうとこんな感じ。周囲にはロッジが点在していて、いい雰囲気。

なんでもない長椅子から見える景色がいい。ずるい。

Herdening競技が8時間あるのでどうなるかわからなかったけど、なんとか夕日を見ることができた。ここは朝日も夕日もみえてよいね。

チームメンバーとペンションで交流していたところに猫が。ペンションの客からご飯もらってるのかなあ。iPhoneのポートレートモードで撮ったけど、ブログとかに載せるなら十分だねえ。

2日目もいい天気で、ホテルから歩いて会場まで向かう。30分弱、のんびり移動。昼休みが長めだったので1日目にはできなかった付近の散策をする。これはブセナテラスホテル。良い場所にあるなあ。

海底展望台なるものがあるらしく、こんな感じで橋で灯台みたいなところまで歩いて行ける。しかし水の色が綺麗。今日は少し濁っていたらしいけどそれでこれか。

自動車で移動していたので沖縄に来てからお酒は飲んでなかったのだけど、2日目は徒歩移動したのでパーティではビールなどをいただいた。ヘリオス酒造のクラフトビール。泡盛もめちゃ美味しかった。

これはホテルに戻ってから食べたアイス。

Herdeningの翌日は日曜だったので、せっかくということで美ら海水族館へ。天気が下り坂で曇ってしまった。

屋内なら関係ないぜ、と満喫。大水槽すごすぎる…

やー、名護いいね。この季節だと泳ぐのは厳しいと思うけど、のんびりするのにはむしろちょうど良いかもしれない。次来るときは完全にオフで来たいなあ。

リモートワークファーストで1年暮らしてみた感想

今年の1月ごろから用事がなければ基本的に家で仕事をするようにしてみていたのだけど、気がついたらほぼ1年経っていた。ちょうどいい節目なので感想を述べていきたい。

リモートワークファーストと言っても会社の制度としてあるわけではなく、ちょっとやってみますーと上司と話してやってるという感じ。どこにいるかなどは都度連絡している。とはいえ基本的には自宅かオフィスにいるけど。今年は平均して週1〜2日オフィスに行って、それ以外はリモートでやったかなあ。

リモートかつ在宅だと、通勤時間なしかつ快適な環境で仕事ができるという点はとても良い。秋に引っ越して少し会社から遠くなったので通勤時間不要なのは便利。仕事用の環境も、自分に合うように全てコンロールできるので椅子の高さが少し足りないとか、モニタの高さあげたいとかやりやすい。部屋の温度・湿度も会社のオフィスに比べると自分に合う数値にできて、ストレスなく仕事ができる。

コミュニケーションはSlack、GithubEnterprise、Meetを使って行なっていた。テキストベースの同期コミュニケーションとしてSlack、テキストベースの日同期コミュニケーションとしてGHE、顔が見える音声コミュニケーションとしてMeetという使い分け。自分の仕事がチームでスクラムして…というものではないので、Slack・GHEで問題なくこなせた。よくやり取りする人の一部は東京オフィスにいなかったりするし、。ただ、テキストを使ったコミュニケーションが苦手な(と推測している)人とやりとりする場合は難しさも感じることはある。1on1など、対面でした方がいいと思っている予定が入っているときはオフィスに行っている。

リモート多くした結果、体力が落ちたかもしれない。歩いた歩数的には2018年と2019年はそんなに変わらないのだけど、ちょっと外出すると疲れやすくなった気がする。単に歳をとっただけなのかもしれないけど。ここは課題で、来年はジムでウェイトトレーニングやる以外にもウォーキングなど体力維持に取り組みたいと思っている。

概ねうまく行っているけど、上司やチームメンバー、同僚が理解してくれているからこそというのも感じる。感謝しかない…!

シニア・プリンシパルエンジニアに昇格できなかった

そういうわけで鮨は無しです。