2015年12月29日

ようやくdevstackが動いたのでAPIを使って遊んだ。今年はプライベートなコードをあまり書けなかったので、リハビリも兼ねて小粒なツールを書いてみるつもり。昼は近所の洋食屋で食べた。この店は割と気にいっていて、時々行く。もっとも、昼だけだけど。午後は「メンタルタフネス」を読了して、コードを少し書いて終わり。macbookのキーボードに身体が慣れてしまって、AppleWirelessKeyboardが若干使いにくい。後、指先・足が冷えてどうにも集中できなかった。

夕飯を食べた後は「失われた夜の歴史」と「ノルウェイの森」を少し読む。なんだか淡々とした感じ。

そういえば、銀座で「太陽の鉛筆」の展示をやっているので休みの間に見に行こうと思っていたのだけど、ギャラリー自体が休みに入ってしまっていた。年があけてから行くしかなさそう。今年の後半は写真に関してほぼ何もできなかったので、来年は活動を増やしたい所である。

 

冬らしい冷え込みだった

朝、洗濯をしつつdevstackの構築をする。なかなかうまくできず、結局夕方でかかってしまった。使うのは明日以降かな。なんとか構築できたので、電池や壁につけるフック等を買いに出かける。ついでに電器屋に寄って、カメラを見る。ファインダーがついた軽いものがほしい気がする。OM-Dとか。今使ってる鞄に入るサイズのものがいいなぁ。価格を見るとそんなに高くなかったので、魅力を感じた。買う予定はないけど。その後、ビールを飲んで帰宅。ランビックはアメリカのサワーエール等に比べると質の割に安いんだ、という話を聞くなどした。

代官山蔦屋はなかなかおもしろい

休暇に入ったので、粗大ゴミの処理や買い物等、しばらくできていなかった諸々を片付けた。買い物をする店が代官山にあるので、せっかくだからということで行った事のない代官山蔦屋にも寄る事に。写真集の数がかなり多くて、なかなかよい。後、一般的な本屋だと文庫と新書はなぜかジャンル別ではなくて文庫・新書コーナーに固まっているけど、ここはそのジャンルに関係ある本が固まっていて気にいった。定期的に行きたい。ただ、本にRFID用のシールが貼られているのだけど、これが剥しにくいのはよくないと思った。せっかくだし、何冊か購入。「ラインズ 線の文化史」「ビジネスマンのためのメンタルタフネス」等。

帰宅した後は自宅PCの中を整理しつつ、ビジネスマンのためのメンタルタフネスを読むなどしていた。ベストな状態で物事を進めるには特定に傾向の精神状態にある事が望ましく、意識してその状態になるにはどうすべきか、という感じの内容。

ここは退屈迎えに来て – 山内マリコ を読んだ

ロードサイドを含む地方にいた身としては、読み始めて早々に物語の舞台に対して強烈な既視感を覚えた。ただし登場人物達のようにずっと地元にいたり、Uターンしたわけではないので実際のロードサイドがこうなのかは分からない。フィクションだし。ただ、ステレオタイプ的なリアルはあると思う。

ここは退屈迎えに来て (幻冬舎文庫)
山内 マリコ
幻冬舎 (2014-04-10)
売り上げランキング: 81,029

Withings Activité Popを買った

一見して普通の腕時計だけど実はスマートウォッチ!なWithings Activité Popを買った。機能としては歩いた歩数と睡眠ログ。心拍数は測れないけどまぁなくてもいいかなと。

日本のAmazonで7/30発売だったので予約注文したら当日に届いたのでとりあえず腕につけてみたよ。

シリコンバンドなのと日が表示されない事以外は悪くない。

R0000688

こういう箱に入っていた。取り出し方がよくわからなくて少し悩んだ……

 

R0000693

今まで使っていたもの(右)と比べても大きさにほとんど差はない。もっと厚いかと思ったけどそうでもなかった。

ちなみに今まで使っていたのは就活する時に買ったものなので、もう4年くらい使ってるのか。電波時計だしソーラーなのでメンテナンスフリーで便利。

R0000694

腕につけてみた。シリコンバンドが固いので着け心地はあまりよくない。しばらくすると柔くなるのかも。

変化がないようならベルトだけ変えてもいいかも。

Withings Activité Popを買った理由はWithings Activitéの方が現物を見ずに買うにはちょっと高かったからなんだけど、これならWithings Activité Popの方が好みかもしれない。次期モデルとか出たら買ってしまいそう。

しばらくつけっぱなしにしてみます。