第10回ペパボテックカンファレンスで「アクセス頻度予測を用いた計画的スケーリング」について話した #pbtech

11月9日に開催された、第10回ペパボテックカンファレンス~インフラエンジニアがもっとおもしろくできる!~ でアクセス頻度予測を用いてサーバーリソースの増減を行う「計画的スケーリング」という話をした。

なにはともあれ、無事に開催することができてよかった。インターネット上でも一部で話題になっていたが、会社があるビルで火災が発生し、一時的に避難しなければならくなり、危うく中止となるところだった。幸いなことに予定通り開催できたが、トラブル時のジャッジや連絡なども考えておかないといけないんだなあという教訓を得ることができた。

発表内容についてはペパボ研究所 と一緒に取り組んだ仕事を登壇という形でようやくアウトプットすることができ、一安心という気持ち。いろいろと課題はあるけど、今後もやっていきたいです。なお、今回の発表では説明を省いたアクセス頻度予測についてはペパ研ブログのアクセス頻度予測に基づく仮想サーバの計画的オートスケーリングを参照していただければと思います。

これで今年の登壇は終了。後はプライベートでいくつか大きめのイベントをこなすのみ。しばらくはインプットを増やしていきたい〜