JapanContainerDays v12.18

12月4日、12月5日に JapanContainerDays v12.18 が開催されたので参加してきた。

12月4日

CNCFのChrisさんの発表でVirtualKubeletや(CNCFのSandbox入りした。気になるぞ〜)、CNFs(Cloud Native Network Functions)という新しいプロダクトを知って何それ!となった。VirtualKubeletは名前の通りKubeletのように振る舞う何かで、例えばFargateプロバイダがあったりする。まだこのプロダクトが見せる未来というのが掴めていないけど、ベアメタルor仮想マシンだったノードがさらに抽象化されて、今後どうなるのか楽しみだ。そして、2019年は4月にCloudNativeDays福岡、7月にCloudNativeDays東京がある!さらにKubernetesDays@Tokyoも開催される!盛り上がっている一方、かなりやっていかないと開催頻度に追いつけないな、と感じるところ。

メルカリ、LINE、デンソーのKeynoteもよかった。なぜKubernetesを使うか?というテーマや、PrivateCloudでKubernetesをどう使ってるか。デンソーでKubernetesを使っているということを知らなかったので驚きであった。

Keynoteの後は市原さんのKubernetesネットワークセッション。一通りカバーしていて、わかりやすい。最終的にはiptablesやこれまでのネットワークに繋がっていくのだなあ(そりゃそうだ)。

午後は自分のセッションがあって、「Ansible、Terraform、Packerで作るSelf-Hosted Kubernetes」という話をしてきた。

どうなるか心配だったけど、Twitterを見る限り刺さった人はいるようでうれしい限り。やはり、自分で手を動かして得たことが誰かに伝わるような行動をとっていかねばなあと思う。

12月6日

2日目!CloudNativeMeetupTokyoのコミュニティセッションで話すことになったのでそれをしたり、CloudNativeDeepDiveのスペースでわいわい話をしたりした。

 

DeepDiveは過去開催のタイミングではあまり触っていなかったりしたので不参加だったのだけど、今回はある程度触ったりして分かってきたので覗いてきた。めっちゃ楽しい。

コンテナランタイムデベロッパーの@udzuraさんの発表を聞いて、その後コンテナランタイム座談会を聞いたり。

 

“Container”DaysといいつつやはりKubernetes関係の発表が多く、コンテナ・オーケストレーションをやっていくならこれだなあと再認識した。また、Kubernetesに取り組み初めてから、「Kubernetesの次はどうなるか、もしくはKubernetesに代わるものがでてきたらどうなるか」ということを考えることがあったのだけど、「Linuxのように標準的な存在になっていくのではないか」という話を聞いて、腑に落ちた。Linuxも今ではシュッとインストールして気軽に使っているけど、少し昔はそうでもなかったわけで、Kubernetesもそのような存在になっていく、というのはなるほどなと思う。

Kubernetesを使う難しさ、というのもHelmのようなパッケージシステムやKnativeのようなKubernetes上に作るプラットフォームなどが登場してきており、数年すれば素のKubernetesを使わない状態になる可能性もある。Railsアプリの開発であればnginxやmysqlはHelmでインストールして、Rails部分は素のyaml/kustomize/もしくはRails特化のツールのようなもので楽に動かす、ということも起こりえるだろう。そして、Kubernetes上で何かをやる、となるとそれを実装しきる力が必要になるのは間違いなく、これまで以上に研鑽が必要だなあと思いを新たにした。

何はともあれ、2018年最後の大きなイベントが終わって一安心。疲れたが、スタッフとスピーカーを兼ねている人が何人もいたりして、自分の疲労なんてたいしたことないだろうな…と思ったりする。来年もいろいろイベントがあるので、いろんな形で関わっていけるといいな。

2018年、helloリポジトリを試したらかなりよかったよ

この記事は GMOペパボ Advent Calentar 2018の12月5日(水)担当分です。

2018年の頭くらいだったと思うのだけど、Hello Workという記事を読んだ。学習や実験、評価に使うコード用のリポジトリを用意するという話。これは結構いいのではないか?と思ってgithub.com/takaishi/hello2018を作ったのが3月12日。試しに書いたり、検証したりするコードは極力このリポジトリに作成した結果、今年は14個のディレクトリが作られた。

約1年間helloリポジトリを試してみて感じたメリットがいくつかある。まず、プロダクトにするまでではないコード片が1カ所にまとまるので検索しやすいということ。ちょっとした学習用のコードをどこに置くか?ということに悩まなくなるし、あのコードどこだっけ?という悩みもかなり減らせた。次に、 プロダクトにはなっていない学習・検証をどのくらいしたかが可視化できるということ。ディレクトリで分けているのでその数を見ればどのくらい新しい学習をしたのかが一目瞭然だ。

もちろんデメリットも感じた。普段、開発にはIDE(JetBrains)を使うことが多いのだけど、複数言語が混ざっているのでどのIDEで起動する?という悩みがあった。また、ちゃんとブランチを作ってPRにしないと管理が難しくなることもある。これはまぁやりましょうという話なのだけど…

そんなわけで、メリットもデメリットもあるけど僕はhelloリポジトリを気に入っている。もちろん来年もやりたいので、 takaishi/hello2019を作った。来年はどんなコードを書くかなあ?

明日は osamtimizer です。ご期待ください!

release wordpress-backuper v0.1.0

このブログのバックアップツールを作っていたのだけど、リネームしたりバックアップのローテーション機能を実装したりリファクタリングしたりしたのでv0.1.0としてリリースした。

cronで夜中に実行していて、結構いい感じ。ローテーションするようにしたのでAWSの料金もある程度一定に抑えられるしね。長期的には画像が増えて辛いことになりそうだけど、それはそのとき考えるということで。

WordPressコンテンツをバックアップするためのCLIツール、go-wp-backupを書いた

浅草 サウスパークでカレー三昧

久々の遠征カレーは浅草。銀座線で移動したのだけど、座った席付近で妙な匂いがして降りる頃には少し気持ち悪くなってしまった。とはいえ、浅草駅から少し歩くのでお店に着く頃にはほぼ復活。

サウスパークは南インドカレーのお店。何を食べるか散々議論した結果、各自ミールスを注文し、プラスアルファで単品をいろいろ頼むことになった。

軽いものもほしいよね、ということでブロッコリーやイワシの揚げたもの。ビールにめちゃあう。

メインのミールスはビーフカレーを選択。カレーも美味しいが、ラッサムが好みだった。冷めても美味しい!

これは牛肉のプットゥ。米粉とココナッツの蒸しケーキだとか。結構ボソボソしているが、カレーなどをたっぷり吸わせると美味しかった。

はい、チキンビリヤニ。最高。美味すぎる。

最後にこれ気になるよねー、と話して追加で注文した、マッシュルームとエシャロットのカレー。スパイシーさや辛さは抑えめだけど、おいしい。

大人数で行くといろいろ食べられるのがいいね。またいきたいお店だ。帰りに浅草寺を覗いたのだけど、こちらもよかった。