OpenStackDays2018で登壇

去年はセッションを聞くだけだったけど、今年は応募したら通ったので話してきた。タイトルは「大規模ウェブサービスの成長に伴うデプロイ手法の変化から見る技術と文化」というもの。

過去の取り組み、自分がやった取り組みなどをベースにして、そこから学べることは何か?を考えるよい機会になった。また、スライド作成中にCNCF Overviewを知り、歴史の流れから技術選択を見直すということもでき、視野が多少は広がったと思う。

セッション、予想よりもたくさんの人に見に来ていただき、ほぼ満席に近いくらいだったので非常にうれしい。今後も、応募して登壇にチャレンジしていくぞ!