染めの小道と石川直樹

10時頃に起きて軽く食べた後、中井の染めの小道を見る。川に反物がかかっていて、綺麗。川筋に染め物の工場があったのだなあ。カメラを担いだ人が沢山いたが、これをうまく撮るのは結構難しい。

その後はオペラシティアートギャラリーで石川直樹の「この星の光の地図を写す」を見る。本当に世界中をまわっているんだなあ。初期から現在まで結構幅広い展示だったが、どれも古びておらず素晴らしい。一貫してフィルムで、かつプラウベルマキナで撮影しているというのも大きいのだと思う。プリントサイズは小さいが、1枚「あ、フェルメールじゃん」という写真が展示されていてニヤニヤできた。