kelm v0.0.5をリリースした

https://github.com/takaishi/kelm/releases/tag/v0.0.5

アクションに対してカスタム変数を渡せるようになったのと、フラグにnamespaceとkindを追加した。これにより、選択したNodeのInternalIPをjsonpathで取得して変数に格納、アクションに渡すということが実現できるようになり、ノードへ楽にSSHできるようになった。

以下、設定サンプル。

ノードを選択してSSHする

~/.kelm に以下のように設定する。

---
actions:
  nodes:
    - name: "ssh"
      variables:
        - name: address
          jsonpath: '{.status.addresses[?(@.type=="InternalIP")].address}'
      command: 'ssh {{ .address }}'

そして、以下のコマンドを実行。

$ kelm -c ./config.yaml --namespace default --kind nodes --action ssh 

デプロイメントを選択してsternする

~/.kelmに以下のように設定し、deploymentのアクションでsternを選択すればOK。

---
actions:
  deployments:
    - name: "stern"
      command: "stern -n {{ .Namespace }} {{ .Obj.metadata.name }}"