リモートワークファーストで1年暮らしてみた感想

Pocket

今年の1月ごろから用事がなければ基本的に家で仕事をするようにしてみていたのだけど、気がついたらほぼ1年経っていた。ちょうどいい節目なので感想を述べていきたい。

リモートワークファーストと言っても会社の制度としてあるわけではなく、ちょっとやってみますーと上司と話してやってるという感じ。どこにいるかなどは都度連絡している。とはいえ基本的には自宅かオフィスにいるけど。今年は平均して週1〜2日オフィスに行って、それ以外はリモートでやったかなあ。

リモートかつ在宅だと、通勤時間なしかつ快適な環境で仕事ができるという点はとても良い。秋に引っ越して少し会社から遠くなったので通勤時間不要なのは便利。仕事用の環境も、自分に合うように全てコンロールできるので椅子の高さが少し足りないとか、モニタの高さあげたいとかやりやすい。部屋の温度・湿度も会社のオフィスに比べると自分に合う数値にできて、ストレスなく仕事ができる。

コミュニケーションはSlack、GithubEnterprise、Meetを使って行なっていた。テキストベースの同期コミュニケーションとしてSlack、テキストベースの日同期コミュニケーションとしてGHE、顔が見える音声コミュニケーションとしてMeetという使い分け。自分の仕事がチームでスクラムして…というものではないので、Slack・GHEで問題なくこなせた。よくやり取りする人の一部は東京オフィスにいなかったりするし、。ただ、テキストを使ったコミュニケーションが苦手な(と推測している)人とやりとりする場合は難しさも感じることはある。1on1など、対面でした方がいいと思っている予定が入っているときはオフィスに行っている。

リモート多くした結果、体力が落ちたかもしれない。歩いた歩数的には2018年と2019年はそんなに変わらないのだけど、ちょっと外出すると疲れやすくなった気がする。単に歳をとっただけなのかもしれないけど。ここは課題で、来年はジムでウェイトトレーニングやる以外にもウォーキングなど体力維持に取り組みたいと思っている。

概ねうまく行っているけど、上司やチームメンバー、同僚が理解してくれているからこそというのも感じる。感謝しかない…!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *