リモートワークのコツ

所属している会社が全社レベルの在宅勤務中で、現在3週間目である。僕はその前から割と自宅で仕事をしているので、リモートワークするコツを書いておく。

普段と同じルーティーンで生活する

在宅勤務だと通勤がないため、ギリギリまで寝て、起きたらそのまま仕事ということがあるかもしれない。しかし、個人的にはいつもと同じルーティーンで行動するのが良いと考えている。僕の場合は朝食をちゃんと食べてシャワーを浴びて、髭剃りなどをする。オフィスに行く日と同じ行動をすることで、自宅にいても仕事モードに切り替えることができる。在宅勤務だと1on1やミーティングでビデオカンファレンスを使うことが多い。家で仕事をしているからといって、休日のような見た目だとお互い気も入らないし、音声だけだとコミュニケーションに必要となる情報が落ちてしまい、仕事がやりにくくなると考えている。

歩き回る

在宅勤務していると思ったより動かない。ずっと座って仕事をしていると体が鈍るし疲れ切ってしまう。そこで、意識して立ったり少し歩いたりしている。AppleWatchだと定期的に歩行を促してくれるので、それを使うこともある。コーヒーを買いにコンビニやカフェまで散歩することもある。リモートワークだとPCの前に張り付いていないといけない気がしてくるが、オフィスにいても少し散歩したりコンビニに行ったりはするので自宅でも同じようにすれば良いと思う(離席していることがわかるようにしておくとGood)。

Slackで雑談する / 反応速度を上げる

リモートワークだと、どうしてもコミュニケーションの量は減る。他愛のない雑談からアイデアが生まれたり、気分転換になったりすることもあるだろう。そこで、少しだけ意識してSlackで雑談をするようにしている。とはいえ、Slackで会話ばかりしていても仕事は進まない(特にコードを書くような仕事はそうだね)ので、メリハリが大事だろう。

また、SlackやGithubでメンションをもらった時の反応速度は意識して上げるようにしている。リモートだと状況が見えないので、気づいていないのか、気づいてるけど後に回しているのかなどがわからず不安になる可能性があるかもしれない。ミーティングなどでどうしても手が空いていない時を除き、まずは返信して見ていることを伝えることが大事だと思い、出来るだけ早く反応することを心がけている(できないことも多いけど)。

作業環境を整える

作業用のデスクとチェアを専用に用意して、生活空間からは見えにくい場所に置いている。リモートワーク云々とは別に、個人的にコードを書いたり現像したりと作業するときに使うために用意していたものを使っている。また、ビデオカンファレンスもやりやすいよう、カメラから見える範囲に生活空間が含まれないようにも工夫している。

オフィスと同等レベルの作業環境を整えようとするとかなり金銭的な負担も大きい(まずスペースが必要だし、デスクにチェア、モニター、ネット回線など色々必要となるだろう)ので誰にでも薦められるものではないが、参考となれば幸いである。

おわりに

他にもコツがあれば書き足していこうと思う。あなたのリモートワークのコツは何ですか?

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *