Sidecarを使い、Keynoteの作図をApplePencilで行う

Keynoteの作図をマウスやトラックボールでやると手首や指への負担が大きい。微妙なサイズ変更や移動も疲れる。どうにか楽にできないかと思い、Sidecarを使ってiPad ProにKeynoteを表示し、Apple Pencilをマウスとして使うというのを試してみた。

オブジェクトの選択など、結構やりやすい気がする。文字入力する時にiPadを見ながらキーボードを入力する必要があり、首が疲れるのが難点だが作図する分にはマウスやトラックボールより楽なのではないかと思う。12インチならもっと快適だったかも。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *