LINEに入社していた

8月末にペパボを退職したのですが、9月からLINEで働いています。11月末で試用期間が終わり、本採用となりました。よかった。とりあえず3ヶ月働いてみた感想を書きます。

入社初日からリモートで、まだ2回しかオフィスに行っていません。リモートオンボーディング、体験してみるとなかなか大変です。僕の場合は自宅に仕事ができる環境があるので自宅の環境は問題なかったけど、会社やチームになじみにくいとは感じます。このあたりはどの会社でもうまく仕組みや文化を作っていかないと難しいだろうなあ。

チームでプロダクト開発していますが、デイリースタンドアップなどにも参加するようになりました。転職して、MTGに使う時間が10倍くらい増えた気がします。増えすぎて手を動かす時間がなくなったら本末転倒なので、マネージャーと話しつついい具合にできないかやっています。

所属しているチームでは英語を使うため、英語に触れる機会が100倍くらい増えました。入社して1〜2ヶ月の頃は脳が英語の処理に追われて仕事の能率が90%くらい落ちてたんじゃないかと思います。最近はちょっとマシになってきた。自分の場合は必要な環境に飛び込むのが習得に一番早かったようです。とはいえ全然聞き取れないことが多いし、単語の意味がわからないことも多いので精進あるのみです。こればかりはすぐにはどうしようもない。想定通りではあります。

仕事の内容自体はそんなに変わっていませんが、プロダクトのフェーズやアサインされたプロジェクト的にコードをゴリゴリ書いてはおらず、ここしばらくはGrafanaのダッシュボードを作ったりしています。サーベイの時間もとりたいけど手が回っていない。リモートで転職かつ英語で仕事ということで負荷が大きいので、体と頭を慣れさせるために最近はきっちり定時に退勤するようにしています。そんな感じです。

1 Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *