Org-mode 7.9.1の新機能(Org Agenda編)

org-mode 7.9.1の新機能、Agenda編です。

変数:org-agenda-sticky

Agendaを付箋のように扱うためのオプションです。
従来のAgendaは、qキーを押すとアジェンダバッファが削除されていました。 org-agenda-stickyを有効にすることで、アジェンダバッファが削除されなくなります。 e2wmを使う時、特定のウィンドウにアジェンダを表示しっぱなしにするために使えそうです。

org-agenda-custom-command-contexts

アジェンダコマンドのコンテキストを設定します。
org-capture-template-contextsと同じように設定すればOKです。
下記の例だと、”p”コマンドはtxtファイルの中でしか使用できません。
(setq org-agenda-custom-commands-contexts
‘((“p” (in-file . “.txt”))))

bulkアクションの変更

kから始まるコマンドは削除され、”バルクアクション”と統合されました。

アジェンダで複数のエントリをマークした後、B sを実行することでタスクをリスケジュールできます。

ポイントが日付の上にある時にkを実行することで、その日付で上書きされたキャプチャが実行されます。

NとPを押すことでアイテムを上/下に移動できるようになりました

コマンド:org-agenda-bulkmark-all

全てのアイテムをマークします。 一括して削除やアーカイブしたい場合に便利ですね。

変数:org-agenda-persistent-marks

有効にすることで、バルクアクションを実行した後もマークが有効なままとなります。

バルクアクションでTODOステータスを間違えて変更した場合等に使えそうです。

org-agenda-skip-timestamp-id-deadline-is-shown

todo-unblocked と nottodo-unblocked

org-agenda-skip-ifという、

アジェンダをカテゴリでフィルタできる