写真のワークショップ10回目

浅草浅草寺にて撮影。今までの内容を復習するような実習だった。浅草寺にある門がなぜポートレートに使われているのか、初めてその話を聞いたときはわからなかったけれど、今回現地に行ってみて理解できた。すごい撮影ポイントだ。

撮影以外では、アートというのは必ず政治や経済のような背景があるのだという話。ある背景を前提として、外に向かって発信するという意味ではエンジニアもアーティストなのでは?と思ったりした。

ワークショップの後は秋葉原のカフェでやっていたカメラバカにつける薬展を見て、主催の方とカメラ談義をしたり。