ドラム式洗濯機を1年弱使ってよかったこと、よくなかったこと

「ドラム式洗濯機はいいぞ」という話はよく聞くけど、逆にいまいちなところが知りたい!ということを聞いたので書いておきます。

今年の3月に購入したので、ユーザとしては1年弱です。

https://repl.info/archives/229

前提

ここがいい、悪いといってもその人の使い方や住人の構成、生活リズムによって変わると思います。筆者がどういう人間かをまず書いておきます。

まず、住人の構成ですが、独身の男性、一人暮らしです。使い方としては、その日着た服や使ったタオルを朝放り込んでスイッチを入れ、会社に行くという感じです。シャツやリネン、ウールのような乾燥機にかけたくないものは週末にまとめて洗濯して干す、ということもしています。ベッド生活なので、布団のシーツや枕カバーのようなものも洗濯・乾燥しています。

よかったこと

やはり、干す作業が格段に減ったのが良かったところです。最近、乾燥機にかけたくない服などを買ったので少し干すこともしていますが、それ以外は干さなくてよいです。外に干していると、急な雨で濡れないだろうかとか、風で飛んでいないかなということを心配してしまいますが、それがないのが非常に精神的に楽です。後、やはり干す手間は省けるのはよい。

ベッドのシーツのような、大きな布でも自宅で洗濯・乾燥できるのも便利です。購入前だと近所のコインランドリーで乾燥していたのだけど、一定時間まって取りに行くのは大変でした。自宅で乾燥できると適当なタイミングで回収すればよいので、楽です。

よくなかったこと

まず、厚めで面積の広い生地は洗いにくいです。水を吸って重くなると重心に偏りが発生して、脱水が途中で止まったりします。無印良品で売っているような、厚めのキッチンマットなんかはドラム式で洗うのは難しそうです。縦型に比べて、脱水力が低そうでもあります。

縦型を使っていたとき以上に生地を気にするようになりました。縦型を使っていたときは水洗いしてもよい、もしくはよくないという(非常におおざっぱな)区分だったのが、これに乾燥機を使ってよい、よくないという軸が追加されました。乾燥機を使えない服を選ばなければ気にしなくてよくなると思うのだけど、なかなか難しいですね。クリーニングに出せよ、という話という気もしますが。

後、地味によくない所は、口が横を向いているので取り出しにくいということがあります。縦型だとのぞき込むようにして入れたり取り出したりできるけど、横(斜めの場合もあるかな)だと少しかがむ必要があります。腰だけ曲げて取り出したりしていると、そのうち腰を痛めそうだなと思います。

最後に、乾燥フィルタの掃除が結構面倒です。一応、使うたびに掃除する方がいいのだけど、なんとなく掃除しにくい構造になっているように感じます。

まとめ

ドラム式洗濯機はとても便利な家電です。しかし、銀の弾丸ではありません。小さい子供が居る家庭の場合は縦型がよい、という話も聞きます。どういうものを普段使っていて、どの程度の頻度でどのくらいの量の衣服を洗濯・乾燥するのか。服やリネンの趣味も考慮して選択すべき道具なのではないでしょうか。