教育心理学概論読書会 第4回 に参加した

Pocket

友人が主催している、 教育心理学概論読書会 第4回 に参加してきた。教育心理学概論自体は友人がかなり薦めていてちょくちょく読んでいたのだけど、自分で読むだけじゃなくてちょっと違うこともしたいと思ったのがきっかけ。当日は知識構成型ジグソー法という手法でやったのだけど、以下のような流れで結構よかった。

  1. 同じ箇所を読んだ人で集まって大事な箇所、要点を確認する(エキスパート活動)
  2. 各章を読んだ人で集まって、エキスパート活動で話した内容を共有する(ジグソー活動)
  3. 自分なりの考えを話したり、経験と繋げて説明したりしてさらに理解を深める

単に読むだけじゃなくて、対話することで理解が進むというのはまさにこの本に書かれていることで、それを実感できたのは大きな収穫だと感じる。また、バックグラウンドが異なる(それでも技術系の人が多かったけど)人と話すことで異なる視点も知ることができ、それもよかった。

JasperProjectというものも初めて知ったのだけどなかなか興味深かった。これは解が複数ある、実生活に近い問いを通じて議論・対話を促したり、問いからツール(スマート・ツールと呼ぶらしい)を作ったりというもので、研修などでやってもよさそうだと感じた。

会場のヴァル研究所さんは社内のあちこちでカンバンを使っていて、見学することもどうやらできるらしい。ロビーも綺麗で、初めて生のPepper君を見ました。会場提供、ありがとうございました。来月も伺います。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *