英語学習2020年12月

2020年12月の英語学習の状況について整理します。

背景

転職して仕事で使う必要が生じた。Listening/Speaking/Reading/Writingの全てが必要。チームメンバーの8割くらいが非日本語話者かつ母語が異なり、英語が共通言語として使われているため。チームメンバーには日本人もいて日本人だけの場だと日本語で話すが、それ以外だと基本的には英語という状況。

状況

9月から必要となったのだが、入社時点で英語のスキルは懸念事項として自分とマネージャーの間に共通認識があった。よって英語のスキル向上は必須で、少しずつ英語の学習を継続できるように取り組んでいるところ。ここ1ヶ月くらいはオンライン英会話を週の2/3くらいはできるようになってきて、習慣化できていると感じる。英語学習自体はずっとやりたくて、オンライン英会話も契約していたけどあまり使えていなかったが今は高頻度で取り組めている。

オンライン英会話以外には、知り合いに紹介してもらった英語トレーナーの方に定期的にパーソナルレッスンを受けている。オンライン英会話とは少し違って、すぐに使えるフレーズ紹介や話すときに意識するポイントの指摘などが中心。それ以外の学習はまだあまりできていない。文法や発音、語彙などもやりたいところ。

チームメンバーが使っているフレーズを意識して使ってみて、自然に使えるようになったらまた別のフレーズを身につけるというサイクルも回している。これは結構実用的だしすぐに効果が出る。なので9月の時点よりはかなり使えるようになってきている実感がある(筋トレ始めて初期の頃みたいな感覚だな、これは)。

分析

オンライン英会話が継続できるようになってきた理由としては、たぶん英語スキルの向上が「重要だけど緊急ではないもの」から「重要かつ緊急のもの」に変わったからではないかと考えている。重要だけど緊急ではないものって、習慣化したりして取り組まないとなかなか続けられなくて、それで自分はできなかった。仕事で使えないといずれ戦力外になるだろうという危機感があり、もやらざるを得ない状況に身を置けたのがよかったのだろう。「重要だけど緊急ではないもの」の時からしっかりやれよと過去の自分に言いたい。

ある事柄についてこれは重要という認識はしていても、使いどころがイメージしきれないと目標を定めにくい性格なのかもしれない。漠然と英語が使えると便利、という感覚しかなくて、緻密に言語化できていなかったのが習慣化できなかった要因なのではないか。そもそも習慣化するのが自分はあまり得意ではないと思っていたりもするのだが…

課題とNextAction

相手が長く話していると途中でもう何を言っているかわからなくなってくるので改善したいところだが、特効薬は存在しないだろうしNextActionに何をしたらいいのか。

語彙も増やしたい。iKnow!を以前やっていたが今はやれていないので再開したいところ。Duolingoはどうなんだろうか…初学者じゃなくても活用できる?

英語で海外ドラマや海外映画を見る、というトライをできていないのでとりあえず年末年始で一本は見たい。

後、定量的な測定はやはり行いたいので、2021年はIELTSを受けたい。しかし、世の中の情勢的に試験会場のような場所には行きづらく、どうなるか…という感じである。

LINEに入社していた

8月末にペパボを退職したのですが、9月からLINEで働いています。11月末で試用期間が終わり、本採用となりました。よかった。とりあえず3ヶ月働いてみた感想を書きます。

入社初日からリモートで、まだ2回しかオフィスに行っていません。リモートオンボーディング、体験してみるとなかなか大変です。僕の場合は自宅に仕事ができる環境があるので自宅の環境は問題なかったけど、会社やチームになじみにくいとは感じます。このあたりはどの会社でもうまく仕組みや文化を作っていかないと難しいだろうなあ。

チームでプロダクト開発していますが、デイリースタンドアップなどにも参加するようになりました。転職して、MTGに使う時間が10倍くらい増えた気がします。増えすぎて手を動かす時間がなくなったら本末転倒なので、マネージャーと話しつついい具合にできないかやっています。

所属しているチームでは英語を使うため、英語に触れる機会が100倍くらい増えました。入社して1〜2ヶ月の頃は脳が英語の処理に追われて仕事の能率が90%くらい落ちてたんじゃないかと思います。最近はちょっとマシになってきた。自分の場合は必要な環境に飛び込むのが習得に一番早かったようです。とはいえ全然聞き取れないことが多いし、単語の意味がわからないことも多いので精進あるのみです。こればかりはすぐにはどうしようもない。想定通りではあります。

仕事の内容自体はそんなに変わっていませんが、プロダクトのフェーズやアサインされたプロジェクト的にコードをゴリゴリ書いてはおらず、ここしばらくはGrafanaのダッシュボードを作ったりしています。サーベイの時間もとりたいけど手が回っていない。リモートで転職かつ英語で仕事ということで負荷が大きいので、体と頭を慣れさせるために最近はきっちり定時に退勤するようにしています。そんな感じです。

3Dプリンターでヘッドホンフックを自作したんだけど、滅茶苦茶楽しい!!

先日、思い立って3Dプリンターを買っていろいろプリントしていたんだけど、自分でヘッドホンをデスクにひっかけるためのフックを作ってみた、という話です。こういうやつ。

そもそも、10月に3Dプリンターを買っていた。

最初はthingiverse にアップロードされている既存のモデルを印刷していたのだけど、自分の家にフィットするものを作りたくなったので自分でモデルも作ってみることにした。

とはいえ、何もない状態からモデルを作るのはハードルが高かったので、既存のモデルを参考にしつつ作業した。選んだモデルはこれ

https://www.thingiverse.com/thing:411962

3Dモデリングには 3D Shapr を選んだ。iPadとApplePencilを使ってモデリングできて、知識ゼロでもなんとなく使えたのでこれにした。Fusion360のようなmacOSで使えるソフトウェアもあるが、いまいち使い方がわからなかった。3D Shaprは月額制のサブスクリプションで結構高いのだが、学習と思って今のところ支払っている。そのうちFusion360とかに移行できるといいなと思う。

試作1号機

最初に作ったのがこれ。直方体をつなげただけ。ダサい。

しかし、ヘッドホンフックとしては一応機能する。ダサいけど。

試作2号機

2号機。工夫した点はサポートするための支え?の追加と、プレートの先の部分を細くしてスマートにした点。

これは結構いい感じだが、ヘッドホンが机の外側にはみ出ていると邪魔では?というコメントをもらった。

試作3号機

3号機。デスクの下に収まるように設計してみた。

ヘッドホンの位置はバッチリだが、机への取り付け部分のサイズが甘くスカスカになってしまった。

完成品

これが完成形。3号機とほぼ同じで、寸法の微調整をした。

デスクの天板の高さにぴったりでめちゃ良い。

さらに、たまたま手元にあったパーマセルテープを貼って外れにくくした。

終わりに

3Dプリンター、面白い。ぶっちゃけヘッドホンフックとか買った方が早くて、自分で作るのって車輪の再発明みたいなものなんだよね。でも、自分が使うものを自分のために自分で作るという点についてはソフトウェア開発に通じるものがあって楽しい。そのうち、探してもないものを作るように慣れればいいなと思う。

しかし、モデルを作るのが難しい。3DShaprはかなり直感的に扱えるけど、それでも「こういう操作をしたらこうなりそう」というiPad的な感覚とは離れている箇所もある。

2020年金沢旅行

2泊3日で金沢に行ってきた。GoToトラベルを使用。

1日目

金沢は2年前に一度行ったことがあるが、金沢駅前の門は何度見ても迫力あると思う

近江町市場で食べ歩き。前回はスキップしたのだけど、賑わっていて良い。

市場の後は金沢城と兼六園。午後に詰め込んだので全部見て回ることはできなかった。1日かけて金沢城と兼六園を見られる。

宿は犀川のほとりにある由屋るる犀々にしてみた。部屋が分かれていてびっくりした…

1日目の夕食は宿でいただいた。日本酒の種類も多く、満足…

2日目

宿で朝食を食べると食べ過ぎる法則。この写真を撮った後、追加が2品来た。

2日目は茶屋町巡り。せっかくなので和服でうろうろ。といってもかなりカジュアルに寄せて、スニーカーも履いたけど。寒村庵でお茶。

お土産に日本酒を買うため、味見味見。

オリエンタルブリューイングで飲み比べセットとピザ。美味い。

和菓子作り体験に参加した。めちゃ難しい。

2日目の夕食はキサラギへ。前回もここで食べたけど、やはり美味い。11月になるとブリシャブが食べられるので次回は11月以降に行きたい。

3日目

3日目は天気が良かった!

そしてこの朝食の量である。完食しました。

21世紀美術館へ。平日なのに人が多くて、プールの底は1時間待ちだったので断念。「村上慧 移住を生活する」がとても良かった。

美術館内のカフェでランチ。

石川県立歴史博物館といしかわ生活工芸ミュージアムを見た後、ル ミュゼ ドゥ アッシュ KANAZAWAへ。

2回目の金沢だけど楽しめたなあ。金沢市内だけでもまだまだ見てないものがたくさんあるので、また行きたい。

ふりかえり

Keep

  • バス1日券とタクシーをガンガン使って効率よく移動できた
  • GoToトラベルとポイントをうまく使えた
  • GoProHero9で撮った動画は見やすくてよい

Problem

  • 充電器とケーブルが少なくて印刷が大変だった
  • GoProHero9、予備バッテリーが必須

Try

  • 充電周りはケチらずに準備する
  • GoProHero9の予備バッテリーを買う

CloudNativeDaysTokyo2020でカンファレンスプラットフォームを開発した

9月8日と9月9日に開催されたCloudNative Days Tokyo 2020の実行委員として、カンファレンスプラットフォームを開発しました。とても楽しく、良い経験ができました。

もともと、実行委員としては去年の末ごろから参加して準備を手伝っていました。その時の主な担当はウェブサイトで、Hugoで作ったりしていた。あとはコンテンツ周りも関わっていたかな。

これまでカンファレンスで登壇はしてきたのですが、開催する側はやったことがなかったんですね。ミートアップくらい。なので、開催する側もやってみたくて参加ました。

結果として、これまでのオフラインイベントの開催は体験できませんでした。しかし、オンラインカンファレンスという新しい体験に関わり、とても楽しく良い経験ができました。

cndt2020は去年と同様オフラインイベントの予定だったのだけど、新型コロナウイルスの流行により、オンラインイベントに変更しました。そして、オンライン化にあたり配信などをどうやるかが課題となりました。

いくつかのサービスを検討したが、結果としては自分たちで作る決断をし、自分は決断した後、7月ごろから開発に参加しました(雑誌の執筆でバタバタしていた)。

技術スタックとしてはRailsとHeroku、Auth0、Vimeo、sli.doを使用。時間もあまりなかったので、外に出せるものは出した。そのため技術的にめちゃくちゃ難しい、というものはそこまでなくて(websocket周りの経験が無かったくらい?)、素朴にモデル設計やUIをどうやるかというところが難しかった。

開発メンバーはメイン2名、スポットで時々参加する人が数人で、デスマーチではないがやや大変だったかなという印象です。

カンファレンスプラットフォームとして大事にしたのは使い勝手で、プレイベントのrejektsで分かったUIの問題などを本番までに改修できたのはよかった。

本番のイベント中は負荷の監視をしたり参加者のフィードバックやアイデアを実装、デプロイしていました。素早い対応ができたのは自前実装の利点ですね。

今後、カンファレンスで同じプラットフォームを使うとなると破壊的変更が難しくなるので、エンジニアリングとしても難易度は上がりそう。UIをよりよくするためにはReactやVueのようなフロントエンドフレームワークが必要かもしれないという話をしていて、ここは新たなチャレンジじゃないかなと思います。